ピラティスとは


ピラティスとはドイツ人の看護師ジョセフ・H・ピラティスが第一次大戦で負傷した兵士のリハビリのために開発したエクササイズです。


ヨガや太極拳などのエッセンスを取り入れ身体に余計な負担をかけずにインナーマッスルを鍛える為、別名西洋のヨガとも呼ばれています。


ピラティスはヨガの影響を多く受けているのではよく混同されがちですが、多くの点で違いがあります。
大きく違う点
  • ヨガでは身体をストレッチすることに重点が置かれていますが、ピラティスではストレッチとともに、筋肉(インナーマッスル)を鍛えること。骨から矯正して正しく効率的な身体をつくることに重点が置かれています。

  • ヨガでは副交感神経を活性化させてリラックスする腹式呼吸、ピラティスは交感神経を活性化させて、頭をすっきりさせていく胸式呼吸です。

  • ヨガは精神的なリラックスに重点が置かれているが、ピラティスは身体つくりに重点が置かれています。


  • ピラティス・メソッドの期待される効果
  • 脂肪燃焼効果、新陳代謝の促進、消化機能、精神機能の改善

  • 正しい姿勢による身体の歪みを改善

  • 柔軟性のある、しなやかで質の良い筋肉がつき、ヒップアップ、スラリと引き締まったお腹や手足

  • リラックス効果、ストレスの軽減

  • 免疫力と体力の向上

  • 良質な呼吸により、血液への効果的な酸素供給

  • リンパの流れが良くなることにより素肌を美しくし、より若々しくなる

  • 腰痛・肩こり・むくみ・冷え性・便秘解消・ストレスに関連した病気の軽減

  • ピラティスには、大きく分けて2種類あります。マットの上で行う「マットピラティス」と、専用の器具を使って行う「イクイップメントピラティス」です。


    マットピラティスはリハビリのために開発され元々ベッドの上で行われていたこともあり、マット1枚分のスペースがあればどこでも行えます。バランスボールやソフトボール、ボックスやバンドなどの各種エクササイズツールを用いてエクササイズを行うことで、運動が苦手だったり、自信がない人でも体に余計な負担をかけずに行うことが可能です。


    イクイップメントピラティスは負傷した兵士のためベット上でも行えるよう考案されました。ベッドの柱やスプリングなどを使うことでより効果のあるエクササイズが行えるようにした中で、専用の各種器具(イクイップメント)が考案されマットでエクササイズ行うときより負荷を高めたり弱くすることが可能になり、ケガや体のトラブル、加齢などでも不安なく効果的なエクササイズが行えます。



    一緒によく読まれている記事
    ビランクスヨーガ
    アウェークニング
    コアリズムとは
    タグ:ピラティス
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。


    引き出せないように定期預金で貯蓄する
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。