ゲルマニウム温浴とは


ゲルマニウム温浴とは、ゲルマニウム成分が溶け込んだお風呂に手や足を浸すことで、発汗作用の効果を促す汗かき入浴健康法です。

ゲルマニウムは金属と非金属の中間にあたる半導体であり、熱や光のエネルギーの影響により、32℃以上になると電気を通す導体となります。導体となった電子は活発に活動するようになり、他の物質がプラスの電気を帯びている場合はマイナスの働きをし、他の物質がマイナスの電気を帯びている場合はプラスの働きをします。


人間には元来、生体電流という微量な電気が流れていますが、この電子が皮膚から浸透することにより体内に多量の酸素を送り込むようになり、約20分間の入浴でエアロビクスなどの有酸素運動2時間分(約600kcalの消費)と同様の効果が期待できることでダイエットや健康分野で話題を呼んでいます。


 

又、ゲルマニウム温浴に使用する溶液は有機ゲルマニュウムの粉末をお薦めします。


 

ゲルマニウムには、鉱物に含まれている無機ゲルマニウムと、植物に含まれている有機ゲルマニウムの2種があり、無機ゲルマニウムは主に産業用としての利用が多く、光ファイバ−の素材、ブレスレットやネックレスに使われています。


 

有機ゲルマニウム(オーガニックゲルマニウムとも呼ばれています)は 霊芝(れいし)、ニンニク、高麗人参(朝鮮人参)、アロエ 、クロレラなど主に漢方薬の原料となる植物に多く含まれていて、飲むことのできる水溶性ゲルマニウムです。


ゲルマニウム温浴の効果として発汗によるカロリー消費、体内の老廃物の排出、血行促進、ストレス発散等があります。



一緒によく読まれている記事
半身浴ダイエットとは
YOSA(ヨサ)ダイエットとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


引き出せないように定期預金で貯蓄する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。