キムチ納豆ダイエット


キムチ納豆ダイエットを紹介します。



キムチにはトウガラシが沢山使われますが、この唐辛子には脂肪燃焼効果があるとされるカプサイシンが豊富に含まれています。

さらにキムチは発酵食品ですので乳酸菌が豊富です。キムチに含まれる乳酸菌は、プランタルムという植物性の乳酸菌です。これはヨーグルトに含まれる酪農乳酸菌などと異なり、ほとんどが生きたまま腸に到達します。そして腸内の悪玉菌を抑制すると同時に、免疫力も高めます。


また、納豆にはビタミンK2やビタミンB2、カルシウム、亜鉛などが豊富に含まれています。特にイソフラボンの一種「ゲンステイン」はガンの予防や骨粗鬆症の予防に効果を発揮してくます。納豆菌が作る酵素ナットウキナーゼには、血栓をとかす働きがあります。このナットウキナーゼの働きでできるアミノ酸「ポリグルタミン酸」には、ダイエット時に不足しがちなカルシウムの吸収性を高める働きがあります。


そして納豆の原料の大豆には「サポニン」という成分があります。「サポニン」には肥満を抑制する効果があるとのことです。キムチ納豆は大豆のサポニンとキムチのカプサイシンの相乗効果で腸内をきれいに掃除してくれるのでダイエット時の食事に最適な組み合わせです。


但し、ワーファリンという特殊な薬を処方されている人は医師と相談してください。


レシピは食べやすい大きさに切ったキムチと同量の軽くかきまぜて粘りを出した納豆と混ぜるです。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


引き出せないように定期預金で貯蓄する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。