甘酒ダイエット


甘酒ダイエットはオセロの中島さんもオススメのダイエット法です。


甘酒にはでんぷんを分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪分解酵素のリパーゼなどの酵素が含まれ、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に必要なビタミンB群も豊富なので新陳代謝が活発になります。


また、甘酒は米を発酵させることによってオリゴ糖、乳酸菌などの腸内環境を整える成分が多く、善玉菌を活性化させ、便秘の予防、改善、老廃物を排出させることから美肌効果が期待でき、栄養価も高いことから、”飲む点滴”と呼ばれています。


甘酒の甘みはコメのでんぷんが分解しブドウ糖となるのとでんぷんそのものがあり、ブドウ糖は吸収が早く、でんぷんは吸収が遅い。二つの糖類よって腹もちが良いため、小腹がすいたときなどのおやつ代わりになります。


中でも玄米甘酒はさらなるダイエット効果が期待できます。玄米は白米より食物繊維やビタミン、ミネラルなどの栄養分が豊富なので美肌効果と便秘解消効果が白米より期待ができます。


また、玄米はつぶつぶ感が白米よりあるのでかみごたえがあり、食べた感がするので、満足感が大きいです。


食前に飲むと満足感の為、過剰な食欲が抑えられドカ食いを抑止。脂モノを食べた後に飲むと脂肪分解酵素が分解を促進します。但し飲みすぎと寝る前に飲むのは避けてください。
朝起きたあと玄米甘酒を飲むと体が温まり目覚めもスッキリし冷え性にも良いです。<・p>

玄米甘酒のカロリーは100mlで約100カロリーです。


玄米甘酒の作り方は玄米100g、麹100g、水500mlを用意し、玄米を一晩水につけ炊飯器などで炊きます。
炊き上がったごはんを50℃〜60℃に冷ましほぐしながら麹を混ぜます。
そのまま60℃に保ったまま8時間ほど発酵させると完成です。


オススメのお手軽甘酒の紹介です。

添加物を使わず、有機玄米、玄米麹で製造。お湯に薄めて飲むほか、ジャムのようにパンに塗ってもおいしい。玄米甘酒250g 208kCal
タグ:甘酒
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


引き出せないように定期預金で貯蓄する
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。